2017 第97回天皇杯 VS ガンバ大阪(A)

ACLを目指すなら、天皇杯も落とせない

今季のレイソルの目標は「ACL出場権獲得」リーグ戦では3位につけてるが、天皇杯も優勝チームには出場権を得られる事から、ここも落とせない試合になる。
中3日のアウェイで、この試合後には中2日でリーグ戦。どういったメンバーで戦っていくか楽しみな一戦です。

中山がボランチ起用?大津のシュート練習はキレキレ!

スタメン発表後ボランチは誰がやるの?と思えるメンバー構成。このメンバーで勝ちが取れれば、リーグ戦見込んでもとても大きい勝利になるはず。目論見通りに進めばいいのだがどうなることか。
それにしても大津のシュート練習はここ最近キレキレに見て取れる。スタメン起用でもそれなりの結果が出せるのではないかと感じる仕上がりだ。

試合前のシュート練習風景

前半終了間際にやってくれましたこの男!

ボールをキープできているのはレイソル。やはり中山はボランチ起用で、それほど違和感なくプレーが出来ている様子。しかしシュートまで持ち込めない。
このままスコアレスで終わる可能性もあったが、終了間際にガンバの井手口のシュートを中村航輔がビッグセーブ!相手のコーナーキックからのクリアをやってくれましたこの男。キーパーとの競い合いにクリスが勝ち無人のゴールへ押し込み先制。試合を有利にし前半を折り返します。

航輔のビッグセーブからクリスのゴールまでの動画

後半開始立て続けに得点!

いい時間帯に先制したレイソル。後半も同じメンバーでのスタート。試合開始3分ほどで古賀の低いクロスが相手の足に当たりゴール。そしてハイプレスからのゴールキックミスをクリスに繋げ、更に追加点と3点差と勝利をグッと近づけました。3点差つけても安心できないのがこのレイソル。つまらないパスミスから失点を許すと、あれよあれよと2失点。勢いは完全にガンバに傾いていきます。

最後に締めるのはやっぱりこの選手

状況をみて最終兵器の大谷投入です。本当は次のFC東京戦に向けて休ませたかったところですが、延長戦にでもなればそれどころではありません。しっかり役割を果たしなんとか勝利を掴みました。ゴール前までは上手く繋ぐのですが、最後の部分がどのチームも課題なのでしょうね。そこが出来上がった時更に強くなると感じる試合でした。
それでもこのメンバーで勝利を得たことは大きい事です。なんだかんだ上手く選手を使いながら、戦術の幅を広げている気はします。ここにまだオリヴェイラがいるのですから心強いです。

試合終了後選手挨拶

 

勝利後の帰り道は風景も違う気がする

勝利後はなぜにこんな足取りが軽いのでしょうか。これは不思議ですよね。いつも見ている風景も違って見えます。スタジアムもとても綺麗ですね。土曜日も勝ちに行きましょう。

試合スタッツ

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦
2017年9月20日(水) 19:03KICKOFF 市立吹田サッカースタジアム
ガンバ大阪 2 – 3 柏レイソル
45分 クリスティアーノ
48分 古賀 太陽
52分 クリスティアーノ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください