サッカー日本代表次の相手 セネガル とはどんなチームなのか?

セネガル 代表はFIFAランクで何位?

2018ワールドカップで劇的な勝利をコロンビアからもぎ取った日本代表。その興奮も冷めやまない1時間後に、次回の対戦相手となる セネガル とポーランドの試合がありました。はたしてセネガルにはどういった選手がいるのか?興味もある為、何の情報もなく試合を観ることに。

FIFAランク(2018/6/7発表)で言えばポーランドは8位。セネガルは27位。(ちなみにコロンビアは16位、日本は61位)ポーランドよりも順位は下になります。

最初のチャンスは9分にセネガル。19番のトリノでプレイするエムバイェ・ニアンが左サイドから中央へセンターリング。右サイドから詰めてきた18番イスマイラ・サールがわずかに触れずポーランドのクリア。と速いプレスでポーランドに向かって行きます。

しかし、やはりランクはポーランドの方が上なだけあり、コントロールしているのはポーランドと言った具合でしたが、左サイドの19番ニアンがルーズボールを競い勝ちボールを持込み中央へ、10番のマネを経由し最後は5番のゲイェがシュート。力が無いシュートで、枠も外れていそうでしたが、ポーランドは運悪くDFに当たりコースが変わったことでゴールに吸い込まれセネガルが先制。日本戦に続き番狂わせな試合展開となってきました。

日本戦のブログもあわせてご覧ください。
レイソル観戦記 2018 J1リーグ 第9節 VS Vファーレン長崎 (A)

運の無いポーランド

実力的にはランクを見てもわかるように、ポーランドなのでしょうが、こういった試合になるとどうなるかわからないものです。後半60分前に19番のニアンが負傷でグラウンド外へ。治療も終わり、ピッチラインで主審に促されて戻ると同時に、ポーランドがキーパーまでルーズなバックパス。

それをニアンが横から奪い、キーパーまでも抜いて無人のゴールへボールを流し込む形でセネガルが2点差!ただ、このボールを取りに行くニアンのスピードが速かった。これはポーランド側からするとショックな失点になりました。

ポーランドは86分に何とか1点を返すも試合は2-1でセネガルの勝利。運の無いポーランドは初戦を落とすことに。

セネガル 代表の要注意選手は?

こうして格上のポーランドを破ったセネガルですが、試合を観ていて日本戦で注意しておきたいと思った選手は、19番ニアンと10番のリヴァプールでプレイするマネでしょうか。とにかくマネはスピードが速い印象。ニアンも同じような印象でしたので、この2人は要注意選手ではないかと思います。

ただアフリカのチームは気持ちの波もあると言われていますので、次の日本戦ではどんな動きをするか、実際は始まってからではないとわからないかも知れませんね。

そして今回注目されているのは、セネガルの監督「アリュー・シセ」2002年の日韓ワールドカップにも選手として出場しており、セネガルではレジェンド的存在。年齢も42歳と今大会監督で最年少。そして何よりも格好いい!

このポーズ!イケてます!

近年ヨーロッパで活躍する選手が増えてきたセネガルは、FIFAランクこそコロンビアよりも下ですが、日本より34位も上にいるチーム。次は11対11の試合になるでしょうから、コロンビア戦の様にはいきません。それでもこの盛り上がってきたワールドカップ。ここで勝てばグループリーグ突破も現実的になりますので、是非とも勝ってもらいたいですね。

キックオフは6/24(日)の24:00!がんばれ日本!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください