日本代表 ポーランドに負けても決勝ラウンド進出!相手は ベルギー !

日本代表 は7/3(火)早朝 ベルギー と対戦

6/30(土)から始まったワールドカップベスト16による決勝ラウンド。 日本代表 は1次リーグでポーランドに敗戦したものの、フェアプレイポイントにより7/2(火)早朝に ベルギー 戦となりました。

ポーランド戦の残り10分の試合運びが、世界中から批判されています。日本でも同様に批判があったりしますが、この数日の決勝ラウンドの試合を見て、

決勝ラウンドで戦かわない方が損

と思いませんか?やはり目的は決勝ラウンド進出であって、最後にあの判断は間違っていなかったと自分は考えます。

この辺は人それぞれの価値観で議論されてよいと思うのですが、私自分は間違いでなかったと考えます。負けたら負けたで批判が出るだろうし、あの判断は簡単な事ではなかったと思います。せっかく決勝ラウンドに進めたのですから、是非ベルギー戦でうっぷんを晴らして欲しいです。

ここまでの決勝ラウンドでの波乱

ここまで決勝ラウンドでは4試合行われましたが、初戦フランスとアルゼンチンとの試合からこれぞワールドカップ!という試合が展開します。

メッシがまだ獲得した事がないワールドカップ「優勝」。アルゼンチン、メッシは相当な想いを持って臨んでいたはずです。ただ1次リーグからイマイチ調子が出ていなかった様でしたが、この試合はフランス19歳の若き代表エース「エムパペ」がメッシの望みを打ち壊します。

世代交代を感じさせる圧倒的プレーをエムパペが魅せます。

一時はアルゼンチンがリードするも最終的に4-3でフランス勝利。このエムパペ今後注目される選手になるでしょう。そしてフランスの2点目を決めたパヴァールのシュートもスーパーでした。

ボールをカットするような蹴り方。

このボレーシュート。しびれます!

決勝ラウンド初戦からこの様な試合を見ることができて、新しいサッカーファンを作るきっかけになっていると思います。日本が1次リーグ敗退なら、ここまで見られていなかったのではないでしょうか。

そういう意味で西野監督の判断は、ここまででも十分果たしていると思います。

ポルトガル・スペインもここで敗退

2試合目、3試合目と注目されるチームが続きますが、Cロナウドのポルトガルも、無敵艦隊のスペインもまさかの敗戦を喫します。

スペインに関しては世界ランク70位(2018/6/7現在)の開催国ロシアにPK戦の末に敗れます。スペインは世界ランク10位。その差60位もあるのに勝てなかった。スペインは過去W杯4度開催国と戦って来ましたが、いまだ未勝利。今回もその呪縛から逃れられず敗退となってしまいました。

クロアチアがPK戦をものにしベスト8

第4試合目はクロアチアとデンマーク。この辺まで来るとキックオフが3時と言う事なので、なかなか最後まで見られなくなるのですが、今は便利なアプリもありますので、見逃している方は是非アプリ(NHK 2018 FIFA W杯 スマホ用アプリ)をご利用下さい。

アプリの話もしているこちらの記事もご覧ください。
ワールドカップ 開催!日本VSコロンビア下馬評を覆し2-1で勝利!

結果は今大会2回目となるPK戦の末クロアチアが勝ち上がっています。ベスト16の内早くも半分が終わり、折り返しとなります。

そしてブラジルと日本代表が登場

そしていよいよ7/2(火)23時キックオフからはブラジル対ドイツを倒したメキシコ。翌3時からは日本代表が登場します。

ここまで来たら、ベルギーにどこまで出来るか期待したいです。ポーランド戦でスタメンを6人変え、休養を取ることが出来ました。がベルギーは9人も休ませていたようなので、ここではベルギーの方が有利。

ボコボコにされれば、面白いように世界から言われるのでしょうが、それでも世界に挑戦してもらいたいです。

もう失うものは何も無い!最後まで走り切れ日本!!
7/3(火)3:00キックオフ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください